海外営業

営業の対象となるものはハード、つまり製品でしょうか、それともノウハウなどのソフトでしょうか。いずれにしても海外で営業をする場合には、様々な方法が考えられますが、まず第一に現地での販売先が必要です。それは業界や製品によっても方法が異なってきますが、提供するものの受け入れ先がまずは必要です。

 

提携先の顧客は販売提携先となるのか、それともエンドユーザー直接となるのか... どのような業界で何を提供するのか。それをお知らせいただければ、まずはそれに合った方法をいくつかご提案させていただくことが可能です。

 

 

お問い合わせはこちらから

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツと日本の違い – メルケルさんの引き際 (Sat, 17 Aug 2019)
どんなに優れた人間、どんなに優れた業績を残した人も、長い間権力の座に居座るとダメ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

NHK から国民を守る党 (Sat, 20 Jul 2019)
が日本で頑張っているようです。 受信料の集金方法、偏向報道、自虐史観肯定報道、反… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の電車のアナウンスにあって、ドイツのそれにない2つのもの (Sat, 25 May 2019)
1つ目は、もし乗っている電車に遅れが出たとしたら… 「…誠に申し訳ございません…… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは弁護士に頼ったほうが良いワケ (Sat, 23 Mar 2019)
日系企業がドイツに進出して経験する様々なビジネスシーン、日本人的な感覚からいうと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ジェフ・ベゾスさんを知らない人はいないと思いますが… (Sat, 29 Dec 2018)
そうです、アマゾンの創業者です。 本の宅配からスタート、創業後に長い間、赤字を垂… 続きを読む ›
>> Mehr lesen