4U GmbH

日系コインホッパー(*1) メーカー、Himecs他数社の、自動金銭処理機器メーカーの製品を欧州で販売するヨーロッパ販売代理店として2002年に創業。

 

支払機器向けのコンポーネントを主に日本、韓国、台湾、中国から輸入、技術的な変更を施してヨーロッパで卸販売し、修理を行う。一部の製品は、独自製品として韓国、台湾の製造先とゼロから共同開発してOEM供給を受けて販売、修理。

 

タバコ自販機用免許証鑑別機、同身分証明書鑑別機、バッテリー駆動ビルバリ(*2)、バッテリー駆動紙幣計数機、販売制限付自販機用指紋鑑別機など、今まで業界に存在しなかった、オンリーワン製品をパートナーと共同で開発して市場に投入。

 

中でもタバコ自販機用のドイツ免許証鑑別機(*3)や、ビルバリ は、業界のオンリーワン製品としてしばらくの間シェアを独占し、2桁億円の売り上げ規模・需要を生み出す。

 

「未成年のタバコ購入(喫煙)を防げるか?」と、全国紙に大きく紹介された記事

画像をクリックすると拡大されます

台湾のビルバリ(*3)メーカーICT社と協力して、今までにない新種(バッテリー駆動、スリープ機能、ウェイクアップ機能、耐寒等)のビルバリを開発し、ドイツタバコ自販機業界でオンリーワン製品を提供してマーケットリーダーとなる。

ドイツでのタバコ販売制限の法律が16歳から18歳になり、上記のタイプの免許証鑑別機では対応ができなくなり、新しいタイプのものを開発、マーケットリーダーとして最大のマーケットシェアを得る。

*1 コインホッパー = 硬貨払い出しユニット。おつりなどの硬貨を払いだす部分的な機械。

*2 紙幣鑑別受け取り機(自販機などの紙幣挿入部分の部品)の業界用語

*3 ドイツ免許証鑑別機 = 16歳未満のタバコ自販機によるタバコ販売を制限するための年齢確認機器。その後、18歳未満の法律変更に対応したものも開発。

.

 

 

それまで務めていたJCMと同じ業界に起業・参入しましたが、バッティングする製品がなく、競合にはならないビジネスに成功しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツと日本の違い – メルケルさんの引き際 (Sat, 17 Aug 2019)
どんなに優れた人間、どんなに優れた業績を残した人も、長い間権力の座に居座るとダメ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

NHK から国民を守る党 (Sat, 20 Jul 2019)
が日本で頑張っているようです。 受信料の集金方法、偏向報道、自虐史観肯定報道、反… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の電車のアナウンスにあって、ドイツのそれにない2つのもの (Sat, 25 May 2019)
1つ目は、もし乗っている電車に遅れが出たとしたら… 「…誠に申し訳ございません…… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは弁護士に頼ったほうが良いワケ (Sat, 23 Mar 2019)
日系企業がドイツに進出して経験する様々なビジネスシーン、日本人的な感覚からいうと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ジェフ・ベゾスさんを知らない人はいないと思いますが… (Sat, 29 Dec 2018)
そうです、アマゾンの創業者です。 本の宅配からスタート、創業後に長い間、赤字を垂… 続きを読む ›
>> Mehr lesen