デュッセルドルフ市

ドイツ西部、Koelnの北約30kmにあるNRW(Nordrhein-Westfallen)州の州都

 

面積: 34.085km2 (ドイツ国土全体の9,5%)

 

人口: 588.169人、内外国人102.192(17,4%)(外国人の)内トルコ人14.344(14%, 201012,市の統計より)

 

人口 Oberkassel(オーバーカッセル): 39.975人、内外国人7.604(19%)(外国人の)内日本人2.197(55%)

 

世帯数: 341.009

 

地理的にはドイツの金融の町であるフランクフルトの北約230km、ヨーロッパの物流の町であるアムステルダムの南東約230kmEU本部が置かれているブリュッセルの西約200km、ケルンの北約40kmのところに位置しています。

 

人口588.169(201012,市の統計より)のデュッセルドルフ市には、その人口の約0.8%4.885人()の日本人が住んでいます。つまり市の住民の100人に1人近くは日本人ということになります。

 

ですがそれでも日本人はデュッセルドルフに最も多く住む外国人のベスト5にも入っていません。デュッセルドルフには外国人が人口の17,4%も住んでいるからです。外国人の中でも最も多いのは戦争の頃の影響もあってトルコ人。外国人の14%も占めます。そしてその後に続くのがギリシャ人、ポーランド人、イタリア人などです。

 

中央駅前のImmermann Str. (イマーマン通り)周辺には日本人のためのさまざまな商店が集まっていて俗に日本人通りと呼ばれています。日系企業の数は、商工会議所に届けを出している企業だけでも237(201111)あり、その周辺まで集めると(Rheinland)その数は298社にも及びます。日系企業以外にもオランダ系573社、イギリス系521社、アメリカ系319社、スイス系288社などと世界中から企業が集まっています。

 

デュッセルドルフ市のほぼ中央にはライン川が流れていて市が東西2つに分かれています。そしてその2つが3つの橋で結ばれています。東側が中央駅のある市の中心地側で西側は(高級)住宅地となります。西側には日本人幼稚園・小学校・中学校、(ミツトヨさんの作った)日本のお寺などがあって、子供を持つ日本人家族が多く住む地域です。日本人幼稚園・小学校・中学校のある一帯を Oberkassel (オーバーカッセル)というのですが、その地域には特に多くの日本人が住んでいます。

 

 

出典: 姉妹サイト、ネットdeデュッセル

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツ(人)と日本(人)の違い、交差点でのタイミング (Sat, 19 Oct 2019)
(オリジナルはこちら → http://www.netdeduessel.com… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 (Wed, 16 Oct 2019)
学者は何でもすぐに理論化するのが好きですが、アメリカの犯罪学者、ジェームズ・ウィ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

気配りは日本人の専売特許? (Sat, 12 Oct 2019)
では決してありません。 ケルンの大きな食料品メッセで偶然に知り合ったイタリア人、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツの治安も捨てたもんではない? (Wed, 09 Oct 2019)
メルケルさんの誤算? で多くの難民を受け入れたドイツの治安は目に見えるように悪く… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛(霜降り肉)のドイツでの普及 (Sun, 06 Oct 2019)
これが何だか分かる人はグルメかも? 知人を通じて、ケルンの食品メッセに出店する和… 続きを読む ›
>> Mehr lesen