デュッセルドルフ市

ドイツ西部、Koelnの北約30kmにあるNRW(Nordrhein-Westfallen)州の州都

 

面積: 34.085km2 (ドイツ国土全体の9,5%)

 

人口: 588.169人、内外国人102.192(17,4%)(外国人の)内トルコ人14.344(14%, 201012,市の統計より)

 

人口 Oberkassel(オーバーカッセル): 39.975人、内外国人7.604(19%)(外国人の)内日本人2.197(55%)

 

世帯数: 341.009

 

地理的にはドイツの金融の町であるフランクフルトの北約230km、ヨーロッパの物流の町であるアムステルダムの南東約230kmEU本部が置かれているブリュッセルの西約200km、ケルンの北約40kmのところに位置しています。

 

人口588.169(201012,市の統計より)のデュッセルドルフ市には、その人口の約0.8%4.885人()の日本人が住んでいます。つまり市の住民の100人に1人近くは日本人ということになります。

 

ですがそれでも日本人はデュッセルドルフに最も多く住む外国人のベスト5にも入っていません。デュッセルドルフには外国人が人口の17,4%も住んでいるからです。外国人の中でも最も多いのは戦争の頃の影響もあってトルコ人。外国人の14%も占めます。そしてその後に続くのがギリシャ人、ポーランド人、イタリア人などです。

 

中央駅前のImmermann Str. (イマーマン通り)周辺には日本人のためのさまざまな商店が集まっていて俗に日本人通りと呼ばれています。日系企業の数は、商工会議所に届けを出している企業だけでも237(201111)あり、その周辺まで集めると(Rheinland)その数は298社にも及びます。日系企業以外にもオランダ系573社、イギリス系521社、アメリカ系319社、スイス系288社などと世界中から企業が集まっています。

 

デュッセルドルフ市のほぼ中央にはライン川が流れていて市が東西2つに分かれています。そしてその2つが3つの橋で結ばれています。東側が中央駅のある市の中心地側で西側は(高級)住宅地となります。西側には日本人幼稚園・小学校・中学校、(ミツトヨさんの作った)日本のお寺などがあって、子供を持つ日本人家族が多く住む地域です。日本人幼稚園・小学校・中学校のある一帯を Oberkassel (オーバーカッセル)というのですが、その地域には特に多くの日本人が住んでいます。

 

 

出典: 姉妹サイト、ネットdeデュッセル

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツと日本の違い – メルケルさんの引き際 (Sat, 17 Aug 2019)
どんなに優れた人間、どんなに優れた業績を残した人も、長い間権力の座に居座るとダメ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

NHK から国民を守る党 (Sat, 20 Jul 2019)
が日本で頑張っているようです。 受信料の集金方法、偏向報道、自虐史観肯定報道、反… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の電車のアナウンスにあって、ドイツのそれにない2つのもの (Sat, 25 May 2019)
1つ目は、もし乗っている電車に遅れが出たとしたら… 「…誠に申し訳ございません…… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは弁護士に頼ったほうが良いワケ (Sat, 23 Mar 2019)
日系企業がドイツに進出して経験する様々なビジネスシーン、日本人的な感覚からいうと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ジェフ・ベゾスさんを知らない人はいないと思いますが… (Sat, 29 Dec 2018)
そうです、アマゾンの創業者です。 本の宅配からスタート、創業後に長い間、赤字を垂… 続きを読む ›
>> Mehr lesen