P/L(Profit & Loss) 損益計算書

自営業者としてビザを取得する際にお役所が知りたいのは、その人がそのビジネスで生計を立てられるかどうかです。 そこで求められるのがビジネスプランですが、ビジネスプランで最も大事なものが P/L (Profit&Loss、損益計算書) というものになります。 

年単位で、そのビジネスで生まれる売り上げが、そのビジネスで生まれる費用を上回り、利益が出て、そのお金で生計が立てられるかを一目瞭然で示すものです。

 

 

出典: はじめての決算書 初めての簿記ドットコム 中小企業研修協会

 

 

 

 

 

 

P/L (独名: Gewinn und Verlust) 例

6~8 には、月々必要な購入物が記入されます。

 

   課目             金額/月            金額/年
売り上げ 5,000.00 € 60,000.00 €
人件費 2,500.00 € 30,000.00 €
家賃 1,000.00 € 12,000.00 €
管理費 150.00 € 1,800.00 €
光熱費 200.00 € 2,400.00 €
必要物品 A 500.00 € 6,000.00 €
必要物品 B 250.00 € 3,000.00 €
必要物品 C 150.00 € 1,800.00 €
その他の必要物品 85.00 € 1,020.00 €
10  利益 165.00 € 1,980.00 €
       
   ドイツ語              Monat            Jahr
Umsatz 5,000.00 € 60,000.00 €
Personenkosten 2,500.00 € 30,000.00 €
Mietkosten 1,000.00 € 12,000.00 €
Nebenkosten 150.00 € 1,800.00 €
Strom, Gas, Wasser 200.00 € 2,400.00 €
Verschiedenes A 500.00 € 6,000.00 €
Verschiedenes B 250.00 € 3,000.00 €
Verschiedenes C 150.00 € 1,800.00 €
Andere Sachen 85.00 € 1,020.00 €
10  Gewinn 165.00 € 1,980.00 €
採算見込み表 (オリジナルはドイツ語で日本語訳付)
Rentabilitaetsvorschau.jpg
JPG-Datei [624.1 KB]

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

そのサイン(署名)、する前にちょっと… (Fri, 28 Jan 2022)
…知っておいてください。 サインとは、「私はそれを認めた!」ということを公に証明するものです。 良く分かっている人には当たり前のことです。 でも意外と理解していない人がいます。 民度が高くて口約束を守るので、サインの必要続きを読む "そのサイン(署名)、する前にちょっと…"
>> Mehr lesen

「何々様」と「何々さん」 (Sat, 15 Jan 2022)
最近の若い人の中には時々、SNSに慣れたせいもあってか、初めての相手に出すメールでも、いきなり要件から入る人がいます。 そういう人から問い合わせが入った時は、理由をつけて丁寧にお断りしています。 そんな事くらいで相手を見続きを読む "「何々様」と「何々さん」"
>> Mehr lesen

「暇」は「日間」 (Thu, 06 Jan 2022)
「大言海」によると、「暇」な時は、日の光が差し込む間、「日間」だそうです。 つまり暇の時は、お日様の光を目一杯受けて応援してもらっている時です。 そしてそれは、お日様から見つめられている時でもあります。 だから単に無駄に続きを読む "「暇」は「日間」"
>> Mehr lesen

会って話したがる日本人の国民性 (Tue, 28 Dec 2021)
日本人は会って話したがる国民性だそうです。 SNSより、電話より、会って話す方を好むそうです。 「話せば分かる」とはよく言ったものです。 確かに飲み会が好きです。 ヨーロッパには、仕事の後に会社の仲間と一緒に飲みに行くと続きを読む "会って話したがる日本人の国民性"
>> Mehr lesen

「結論から先に!」人が発言する理由 (Thu, 25 Nov 2021)
「女性に向いた職業は政治家?」というブログに、佐藤ようこさんから次のコメントをいただきました。 「うちの町内会の会長さんは、元小学校の先生。ものすごく話が長いです。結論を最初に言って欲しいのに、いつまで経ってもたどりつか続きを読む "「結論から先に!」人が発言する理由"
>> Mehr lesen