経営者心得いろいろ

まずは思う。 ... ということの大切さ

稲盛さんといえば、JALを立て直したことで、今日ではビジネスマン以外にも広くしられていると思います。京セラを創業して世界的な企業に育て上げた他にも、KDDIの前身の創業者でもあり、倒産したコピー機メーカーのミタを救ったりもしています。

その稲盛さんがまだ若い頃、経営の神様と言われる松下幸之助さんの講演を聞きに行ったそうです。講演の中で松下さんは、資金を蓄えることの重要性を説いたそうですが、その時に観衆の1人から質問を受けたそうです。

資金を蓄えると言っても、なかなかそうはいきません。そういう時はどうしたらいいのでしょうか?松下さんの答えは、「そういう時は、まずはそう思うことですな。」だったそうです。

会場は、松下さんのその答えで笑いに包まれたらしいのですが、その時1人だけ笑っていなかった稲盛さんは、「そうか、まずは思うことが大事なのか!」と、膝を打ったそうです。

思ったことは実現する、という考え方は、あの中村天風さんも含めて多くの偉人が言っていることです。

時間の作り方

情報があふれ、忙しい現代。どうやって時間をつくったらいいでしょうか?

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

す〜ごい男がいたもんだ〜 (Tue, 20 Jul 2021)
という歌が昔、流行ったと思います。 妹の結婚式で、新郎とその仲間たちが最後に大声で歌っていました。 私にとって、ひとりすごい男がいます。 前の前の会社のひとりの先輩です。 日本の工作機械メーカーのドイツ子会社に勤務してい続きを読む "す〜ごい男がいたもんだ〜"
>> Mehr lesen

運の強い人を見分ける方法 (Sat, 17 Jul 2021)
元日本ハムファイターズのコーチ、白井一幸さんは、運の強い人を先発メンバーに選んでいたそうです。 それを知った、株式会社 玄米酵素の社長、鹿内正孝さんが聞きました。 「どうやって運の強い選手を見分けるのですか?」 白井一幸続きを読む "運の強い人を見分ける方法"
>> Mehr lesen

汝の足下を掘れ。そこに泉湧く (Mon, 12 Jul 2021)
は、月刊誌「致知」6月号の特集のタイトルです。 元々はドイツ人の哲学者、ニーチェの言葉だそうです。 どういう意味かと言うと、それを最も分かりやすく説明しているのが、作家、宮本輝さんの次の言葉です。 「足下を掘れ そこに泉続きを読む "汝の足下を掘れ。そこに泉湧く"
>> Mehr lesen

コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ (Thu, 08 Jul 2021)
職業に貴賎なしと言います。 どんな職業も大切です。 どんな職業も、世の中から必要とされているからです。 必要とされていない職業なんてありません。 でも今、コロナでそれが一体本当なのかどうかが浮き彫りになりました。 スーパ続きを読む "コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ"
>> Mehr lesen

ついに「ユーチューバー」としてデビュー (Mon, 05 Jul 2021)
このブログサイト(www.netdeduessel.com)の元々のウェブサイト、www.netdeduessel.de の情報を、ユーチューブの動画化することになりました。 http://www.netdeduesse続きを読む "ついに「ユーチューバー」としてデビュー"
>> Mehr lesen