経営者心得いろいろ

まずは思う。 ... ということの大切さ

稲盛さんといえば、JALを立て直したことで、今日ではビジネスマン以外にも広くしられていると思います。京セラを創業して世界的な企業に育て上げた他にも、KDDIの前身の創業者でもあり、倒産したコピー機メーカーのミタを救ったりもしています。

その稲盛さんがまだ若い頃、経営の神様と言われる松下幸之助さんの講演を聞きに行ったそうです。講演の中で松下さんは、資金を蓄えることの重要性を説いたそうですが、その時に観衆の1人から質問を受けたそうです。

資金を蓄えると言っても、なかなかそうはいきません。そういう時はどうしたらいいのでしょうか?松下さんの答えは、「そういう時は、まずはそう思うことですな。」だったそうです。

会場は、松下さんのその答えで笑いに包まれたらしいのですが、その時1人だけ笑っていなかった稲盛さんは、「そうか、まずは思うことが大事なのか!」と、膝を打ったそうです。

思ったことは実現する、という考え方は、あの中村天風さんも含めて多くの偉人が言っていることです。

時間の作り方

情報があふれ、忙しい現代。どうやって時間をつくったらいいでしょうか?

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツと日本の違い – メルケルさんの引き際 (Sat, 17 Aug 2019)
どんなに優れた人間、どんなに優れた業績を残した人も、長い間権力の座に居座るとダメ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

NHK から国民を守る党 (Sat, 20 Jul 2019)
が日本で頑張っているようです。 受信料の集金方法、偏向報道、自虐史観肯定報道、反… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の電車のアナウンスにあって、ドイツのそれにない2つのもの (Sat, 25 May 2019)
1つ目は、もし乗っている電車に遅れが出たとしたら… 「…誠に申し訳ございません…… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは弁護士に頼ったほうが良いワケ (Sat, 23 Mar 2019)
日系企業がドイツに進出して経験する様々なビジネスシーン、日本人的な感覚からいうと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ジェフ・ベゾスさんを知らない人はいないと思いますが… (Sat, 29 Dec 2018)
そうです、アマゾンの創業者です。 本の宅配からスタート、創業後に長い間、赤字を垂… 続きを読む ›
>> Mehr lesen