家具・家電リサイクル Japan Recycle

デュッセルドルフに住む日本人は、5千人とも、6千人とも言われています。多くは駐在の人たちで、滞在年数は5,6年。つまり1年間に千人もの日本人がデュッセルドルフと日本の間で入れ替わっていることになります。

利用される家具は、もっぱら某大手メーカーなどの合板の家具。それらの家具は、一度組み立てた後に分解して再び組み立てたり、移動の際に少し斜めに傾けたりすると、あっけなく壊れてしまうほどヤワな家具です。

家具は耐久消費財という固定観念を打ち破って消耗品に変えることで急成長した某大手メーカーの家具を、一回きりの利用で粗大ゴミにしてしまうのでは、あまりにも環境に良くありません。その反面、それらの移動には破損が付き物なので大変に取り扱いにくい物となります。

一方、ワーホリの若者を含めて、デュッセルドルフに滞在する若い日本人が増加して、働き口が求められています。それらの需要と供給を結びつけて、環境保護貢献と、雇用の場を提供するプロジェクトです。

Japan Recycle に関する詳しい情報はこちら

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

人の理解度 (Thu, 13 May 2021)
当然のことながら、人それぞれで理解度がかなり違います。 誰かが心を揺り動かす、と… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

空気を読むことが、気配り、気遣いにつながる (Tue, 11 May 2021)
アスペ父親の自閉症育児日記さんのブログ、「空気を読む」で気が付きました。 日本は… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツで働く日本人 (Mon, 10 May 2021)
にも色々な人がいます。 でも、一般論に日本人はよく働きます。 勤勉、礼儀正しく謙… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

挨拶の意味 (Wed, 05 May 2021)
挨拶とは元々、(大陸では?)お互いの存在を確認し合うのが始まりだったそうです。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

興味を持つことの勧め (Wed, 28 Apr 2021)
トイレの上水の流れが調子悪くなりました。 「大」のボタンを押しても、水の流れがす… 続きを読む ›
>> Mehr lesen