家具・家電リサイクル Japan Recycle

デュッセルドルフに住む日本人は、5千人とも、6千人とも言われています。多くは駐在の人たちで、滞在年数は5,6年。つまり1年間に千人もの日本人がデュッセルドルフと日本の間で入れ替わっていることになります。

利用される家具は、もっぱら某大手メーカーなどの合板の家具。それらの家具は、一度組み立てた後に分解して再び組み立てたり、移動の際に少し斜めに傾けたりすると、あっけなく壊れてしまうほどヤワな家具です。

家具は耐久消費財という固定観念を打ち破って消耗品に変えることで急成長した某大手メーカーの家具を、一回きりの利用で粗大ゴミにしてしまうのでは、あまりにも環境に良くありません。その反面、それらの移動には破損が付き物なので大変に取り扱いにくい物となります。

一方、ワーホリの若者を含めて、デュッセルドルフに滞在する若い日本人が増加して、働き口が求められています。それらの需要と供給を結びつけて、環境保護貢献と、雇用の場を提供するプロジェクトです。

Japan Recycle に関する詳しい情報はこちら

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツ(人)と日本(人)の違い、交差点でのタイミング (Sat, 19 Oct 2019)
(オリジナルはこちら → http://www.netdeduessel.com… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 (Wed, 16 Oct 2019)
学者は何でもすぐに理論化するのが好きですが、アメリカの犯罪学者、ジェームズ・ウィ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

気配りは日本人の専売特許? (Sat, 12 Oct 2019)
では決してありません。 ケルンの大きな食料品メッセで偶然に知り合ったイタリア人、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツの治安も捨てたもんではない? (Wed, 09 Oct 2019)
メルケルさんの誤算? で多くの難民を受け入れたドイツの治安は目に見えるように悪く… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛(霜降り肉)のドイツでの普及 (Sun, 06 Oct 2019)
これが何だか分かる人はグルメかも? 知人を通じて、ケルンの食品メッセに出店する和… 続きを読む ›
>> Mehr lesen