家具・家電リサイクル Japan Recycle

デュッセルドルフに住む日本人は、5千人とも、6千人とも言われています。多くは駐在の人たちで、滞在年数は5,6年。つまり1年間に千人もの日本人がデュッセルドルフと日本の間で入れ替わっていることになります。

利用される家具は、もっぱら某大手メーカーなどの合板の家具。それらの家具は、一度組み立てた後に分解して再び組み立てたり、移動の際に少し斜めに傾けたりすると、あっけなく壊れてしまうほどヤワな家具です。

家具は耐久消費財という固定観念を打ち破って消耗品に変えることで急成長した某大手メーカーの家具を、一回きりの利用で粗大ゴミにしてしまうのでは、あまりにも環境に良くありません。その反面、それらの移動には破損が付き物なので大変に取り扱いにくい物となります。

一方、ワーホリの若者を含めて、デュッセルドルフに滞在する若い日本人が増加して、働き口が求められています。それらの需要と供給を結びつけて、環境保護貢献と、雇用の場を提供するプロジェクトです。

Japan Recycle に関する詳しい情報はこちら

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

トランプかバイデンか、武田邦彦教授の視点 (Fri, 27 Nov 2020)
アメリカの次期大統領は、バイデンさんに決まったようです。 菅首相は既に、バイデン… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

虎ノ門ニュースや武田邦彦教授を信じる理由 (Wed, 25 Nov 2020)
お恥ずかしいながらも、いい年こいて、僅か数年前まで(政治の世界で)左右の存在など… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ制限で儲かる連中がそれを煽っている? (Mon, 23 Nov 2020)
例えば GAFAやファイザーなどのワクチンを作る製薬会社。 巨大企業 = ビッグ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ハンコに代わる、ドイツの略式サインってご存知ですか? (Thu, 19 Nov 2020)
日本では、今後ハンコがなくなるようです。 その賛否で侃侃諤諤のようです。 ハンコ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

意外と脆い巨木 (Wed, 18 Nov 2020)
木は、大きくなると根を地中に深く広く広げるものだとばっかり思っていました。 とこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen