日本発、世界平和プロジェクト

「もっと、もっと... 楽に、便利に...」という、一人ひとりの欲、甘えが今の世の中を悪くしています。そしてあちこちで自分たちの主張を通して各地で闘争がなくなりません。個人が我を主張したり、自分の属する組織や宗教の言い分を主張し過ぎるからではないでしょうか?

 

和を大切にして、謙虚を美徳とする日本の国民性が、もし世界中に広まれば、きっと争いごとが減ることになると思います。

 

なぜなら一般的な日本人のように、ことあるごとに 「すみません!」 とか、「ごめんなさい!」 と連発していれば、争いごとにはなりません。それを裏付けるかのような事実が例えば各国の弁護士の数。

日本では、約4.500人に1人の割合で弁護士が存在する計算になりますが、その割合がドイツでは約560人に1人で、アメリカでは何と約30人に1人です。これは何を意味するかと言うと、日本では弁護士のお世話にならなくても、揉め事やいさかいを両者や周りが協力し合って解決してしまっているということです。

 

個人主義の西洋では、子どもの頃から自己主張を教育されます。日本では、子どもの頃から和を保つこと、譲ることを教育されます。後者の方にも勿論多くの短所はありますが、平和を目指した時に有効なのは後者の方ではないでしょうか?

 

だからと言ってそれを押し付けてしまうのでは意味がありません。一人ひとりが率先して良い事を実行して、その良い波紋を広げます。

 

その目的達成には、私利私欲による考えや行動をやめて、公利公欲にもとづく考えと行動が必要です。これをすれば自分にどれだけ得があるか、これだけやったから、これだけの見返りを求めるというのではなく、見返りなどを求めずにいかに世の中に貢献できるかという行動が世界平和につながります。

 

BBE(Bye bye egoism)    利己主義(エゴイズム) よりも、利他(アルトルイズム) を! 

 

 

 

 

 

 

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

す〜ごい男がいたもんだ〜 (Tue, 20 Jul 2021)
という歌が昔、流行ったと思います。 妹の結婚式で、新郎とその仲間たちが最後に大声で歌っていました。 私にとって、ひとりすごい男がいます。 前の前の会社のひとりの先輩です。 日本の工作機械メーカーのドイツ子会社に勤務してい続きを読む "す〜ごい男がいたもんだ〜"
>> Mehr lesen

運の強い人を見分ける方法 (Sat, 17 Jul 2021)
元日本ハムファイターズのコーチ、白井一幸さんは、運の強い人を先発メンバーに選んでいたそうです。 それを知った、株式会社 玄米酵素の社長、鹿内正孝さんが聞きました。 「どうやって運の強い選手を見分けるのですか?」 白井一幸続きを読む "運の強い人を見分ける方法"
>> Mehr lesen

汝の足下を掘れ。そこに泉湧く (Mon, 12 Jul 2021)
は、月刊誌「致知」6月号の特集のタイトルです。 元々はドイツ人の哲学者、ニーチェの言葉だそうです。 どういう意味かと言うと、それを最も分かりやすく説明しているのが、作家、宮本輝さんの次の言葉です。 「足下を掘れ そこに泉続きを読む "汝の足下を掘れ。そこに泉湧く"
>> Mehr lesen

コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ (Thu, 08 Jul 2021)
職業に貴賎なしと言います。 どんな職業も大切です。 どんな職業も、世の中から必要とされているからです。 必要とされていない職業なんてありません。 でも今、コロナでそれが一体本当なのかどうかが浮き彫りになりました。 スーパ続きを読む "コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ"
>> Mehr lesen

ついに「ユーチューバー」としてデビュー (Mon, 05 Jul 2021)
このブログサイト(www.netdeduessel.com)の元々のウェブサイト、www.netdeduessel.de の情報を、ユーチューブの動画化することになりました。 http://www.netdeduesse続きを読む "ついに「ユーチューバー」としてデビュー"
>> Mehr lesen