ドイツの池を錦鯉で満たす

日本の錦鯉は、世界中の特に富裕層の間で好まれて飼われているペットです。専門家が見て美しい錦鯉の価格は大変に高価で、その飼育にも多くの費用がかかることから一般人には手が出ません。

その一方で、錦鯉の専門家は、錦鯉がまだ生まれたばかりの頃に、販売に適した美しい鯉とそうでない鯉を選択します。

選ばれなかった鯉は、錦鯉の素人にとっては美しいにもかかわらずにないがしろにされてしまいます。そういう専門家の規格から外れた錦鯉をドイツに数多くあるバガーゼー* と呼ばれる湖・池に放って増やし、一般人にもその楽しみを提供するプロジェクトです。

自然保護の面から反対意見も予想されますが、見た目の美しさなどから、湖・池を管理する管理元から受け入れられると考えられます。

* バガーゼー(Bagger See) = ドイツでは産業に必要な砂利や砂を地下から掘り出しますが、そこにポッコリと大きく開いた穴に周りの地下水が集まって池が出来ます。

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルス。やっと経済活動再開! (Wed, 06 May 2020)
ドイツ、デュッセルドルフが州都であるNRW州で5月11日(来週月曜日)からやっと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen