デュッセルドルフを日本のメッカに

日本を訪れる外国人観光客が増加中です。その数は2014年にはついに1千3百万人を超え、2015年はさらにその数を大きく超えそうです。世界の目から見ると、ちょっと変っていて素敵な日本の文化が世界の人たちに静かに受け入れられつつあり、外国人日本ファンが増え続けています。

それでも日本を訪問するには、ヨーロッパと日本との間の1万km 弱を越えるために飛行機で約11時間もかかります。「今はまだ日本には行けないけれど、ゆくゆくは日本に行ってみたい」 という人たちが、取りあえずの「エクスペリエンス・ジャパン」の欲求を満たすことのできる、「デュッセルドルフで日本を体験する!」 を提供できるようにするプロジェクトです。

デュッセルドルフには多くの日本人が暮らし、その過密度は隣接するメアブッシュ市(*)を除けばヨーロッパナンバーワンです。日本人のためにあるインフラも活用し、さらには外国人に必要なインフラも整えて、ヨーロッパで日本を体験できる場を提供します。

 

* メアブッシュ市は、世界で第三番目の日本人人口密度を誇ります。  詳しくはこちら

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

す〜ごい男がいたもんだ〜 (Tue, 20 Jul 2021)
という歌が昔、流行ったと思います。 妹の結婚式で、新郎とその仲間たちが最後に大声で歌っていました。 私にとって、ひとりすごい男がいます。 前の前の会社のひとりの先輩です。 日本の工作機械メーカーのドイツ子会社に勤務してい続きを読む "す〜ごい男がいたもんだ〜"
>> Mehr lesen

運の強い人を見分ける方法 (Sat, 17 Jul 2021)
元日本ハムファイターズのコーチ、白井一幸さんは、運の強い人を先発メンバーに選んでいたそうです。 それを知った、株式会社 玄米酵素の社長、鹿内正孝さんが聞きました。 「どうやって運の強い選手を見分けるのですか?」 白井一幸続きを読む "運の強い人を見分ける方法"
>> Mehr lesen

汝の足下を掘れ。そこに泉湧く (Mon, 12 Jul 2021)
は、月刊誌「致知」6月号の特集のタイトルです。 元々はドイツ人の哲学者、ニーチェの言葉だそうです。 どういう意味かと言うと、それを最も分かりやすく説明しているのが、作家、宮本輝さんの次の言葉です。 「足下を掘れ そこに泉続きを読む "汝の足下を掘れ。そこに泉湧く"
>> Mehr lesen

コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ (Thu, 08 Jul 2021)
職業に貴賎なしと言います。 どんな職業も大切です。 どんな職業も、世の中から必要とされているからです。 必要とされていない職業なんてありません。 でも今、コロナでそれが一体本当なのかどうかが浮き彫りになりました。 スーパ続きを読む "コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ"
>> Mehr lesen

ついに「ユーチューバー」としてデビュー (Mon, 05 Jul 2021)
このブログサイト(www.netdeduessel.com)の元々のウェブサイト、www.netdeduessel.de の情報を、ユーチューブの動画化することになりました。 http://www.netdeduesse続きを読む "ついに「ユーチューバー」としてデビュー"
>> Mehr lesen