シェアオフィース コワーカースペース バーチャルオフィース

 

オフィースを借りたいけれど家賃が高い、賃貸契約期間が長過ぎる、オフィースに必要な什器備品などを準備するのに費用や手間ひまがかかり過ぎる、住所と郵便受けだけ必要だけど...

 

...と、お困りの方に...

 

 

 

什器備品の揃ったオフィーススペースを、1人~数人程度までのフリースペースとして、短期から長期までフレキシブルにレンタルできます。住所と郵便受けだけのバーチャルオフィースも可能です。

 

レンタル例:

駐在員1人用オフィーススペースで 350,00(+消費税)/1人/月から (レンタルスペース、WC、光熱費、什器備品全て込み)

 

 

お問い合わせはこちら

 

デュッセルドルフのレンタルオフィースはこちら

駐在員事務所 オールインワンサポート

 

広い弊社オフィース内の一部に机を置いてそこに駐在事務所を設立します。駐在事務所の設立手続き処理から、駐在員のドイツ滞在スタート時のさまざまな手続き処理、各方面から届くようになる独文レターの解読、説明から処理まで、弊社オフィース内にて独立した仕事机を持つ駐在人がドイツ言語や商習慣から煩わされることなく業務を行えるように身近でサポートいたします。家賃も含めた全てのサポート費用は€358,00(+消費税)/月 から。

当社は、2008年にドイツで設立いたしましたが、2011年から川崎さんの社屋内を一部賃借契約して、執務を行っております。いつも近くにいらっしゃるため、皆さんよりも蜜にお世話になっております。

川崎さんは、ドイツでの複数の起業経験に加え、日系上場企業の現地責任者として従事された経験もあるため、ドイツで単独にて起業される方だけはなく、日系企業の方々がドイツ進出をされる際も大変お役に立つと思います。

当社では、税務や法律、滞在ビザ取得、社有車購入など、私的な面ではアパート契約や電気料金、銀行関連など、あらゆる面でサポートいただいております。

現地事務所の開設や起業の支援をしてもらえるパートナーの選択としての重要なポイントとしては、数多くの実績がある会社を選択される事をお勧めいたします。様々な事例を経験されていらっしゃるので、既に法人設立後の方もお困りの際は、ご相談されると良いかと思います

2010年 Sato GmbH Import & Export 佐藤
www.satogmbh.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルス。やっと経済活動再開! (Wed, 06 May 2020)
ドイツ、デュッセルドルフが州都であるNRW州で5月11日(来週月曜日)からやっと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen