FAQ(Frequently answered questions)

質問: 

弊社では現在ドイツに拠点が無い為、全くゼロからのスタートとなります。ドイツでは有限会社(GmbH)が日系企業にとって最適な形態とは認識はしているのですが、いきなり設立となるとハードルが高いと思いご相談させて頂いた次第です。できるだけ有効な方法を御助言頂けましたら幸甚です。

 

回答: 

その場合、まずは来独されて、駐在事務所を設立し、実際に駐在を開始して現地法人(有限会社・GmbH)設立の準備をされてはいかがでしょうか?

弊サイトにも、駐在事務所および現地法人に関するまとめが出ていますが、駐在事務所はお役所に20ユーロの費用で申請するだけで開設が済みます。それに必要なのは、本社の登記書のコピー一部、その翻訳(総領事館で良心的な価格でやってもらえます)、駐在事務所となるオフィースの住所、責任者ご自身とそのパスポートのみとなります。

駐在員として駐在をスタートされることに関しては、最初からその一切合切をサポートさせていただくことが可能ですし、駐在中の現地法人開設、その後その法人が十分に機能するまでのサポートも可能です。

その駐在期間の間に、本社の状況・事情、そしてこちらでの現状とを合わせて総合的に判断し、駐在事務所による本社から欧州への販売のサポートとするか(*)、現地法人設立に向かうかを決められるのが良いと思います。

その駐在期間の長さは、短ければ1,2ヶ月で十分であることもあり得ますし、半年や1年かけてじっくりと準備することもできます。

* 駐在事務所は、実際には営業行為は行なえません。


 

 

 

 

質問: 

弊社は素材製品製造メーカーです。現在、欧州へ海外進出を検討しています。ドイツに駐在所または有限会社の設立方法の進め方についてご相談させて頂きたく、ご連絡致します。

 

回答: 

ご連絡ありがとうございます。
当サイトの中に、ある程度の説明はありますが、それ以上の具体的なことは、各社ケースバイケースで異なりますので、どのようなご相談内容となるのかをお知らせいただけましたら、折り返しお答えできます。駐在所にした方が良いか、有限会社にした方が良いか、その辺のことからとなるようですが、お知りになりたい点をご連絡お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

質問: 

10月のMESSEの展示会に出展しますが、その際にドイツパートナーの会社と提携に関し、ブース内でお披露目パーティーを行いたい考えです。司会、進行して下さる企業を探しておりますが、御社はこの様な対応及び実績はございますでしょうか。

 

回答: 

お問い合わせありがとうございます。
ご質問のご依頼内容、誠に残念ですが弊社では行っておりません。
ですが現在はインターネットの世の中です。例えば下記のサイトなどでも司会者を探すことが可能です。 http://www.moderatoren.org/moderatoren-gesucht/

 

 

 

 

更に多くの事例はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

月刊誌、「致知」2017年11月号の記事のひとつ、「一流になる人、二流で終わる人」 (Thu, 07 Dec 2017)
10年間で総額1兆円の公共事業にて2千億円のコストダウンに成功し、アメリカのFA… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

無敵のビジネス (Sat, 25 Nov 2017)
無敵と聞くと、その存在があまりに強くて競争相手が全然かなわないというイメージが湧… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ進出 – ドイツで駐在員事務所や現地法人を設立 (Wed, 15 Nov 2017)
するサポートを始めて早くも何年か経ちました。 時にはそれが販売行為を行えない駐在… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは離婚後も元夫婦同士で一緒に働き続ける (Wed, 01 Nov 2017)
月刊誌「致知」からです。大正13年生まれ、津田英学塾を出て在日米陸軍司令部で働き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

頼りあい、馴れ合い、自分には関係ない… の結果の良い例… いえ、悪い例。 (Tue, 10 Oct 2017)
自分の会社のことなのでお恥ずかしい限りですが、とても分かりやすい例なので… . … 続きを読む ›
>> Mehr lesen