Wakyo Europe - Market Expansion Management & Advisory

黒須寛之

ドイツで稼ぐことは日本人ビジネスマンの使命です。

高齢化、悪化する経常収支。縮小する国内経済を救うのは輸出しかありません。もちろん、ドイツは日本にとって最大の輸出市場というわけではありません。しかし、ヨーロッパ最大の経済大国であり、インフラも信頼できます。「ドイツで売れた」ことが、中国やインド、東南アジア、ひいては日本国内でのブランド強化につながることを忘れてはなりません。

 

↓↓ 続きはこちらから ↓↓

 

しかし、ドイツ人は「知らない」ものにお金を出してくれません。

逆の立場を考えていただければ分かりますが、ドイツでの生活で毎日目にするトイレの Geberit や水道の Grohe、週に一度は買い物に行くREWE  Aldi が日本に進出してきても、日本の人は気に留めませんよね。知名度がないものは響きません。まして、ドイツ人は日本人よりも保守的です。「知らない」ものを「試す」のが日本人なら、「手を出さない」のがドイツ人です。

 

ですから、ドイツ市場に合わせた マーケティングから始めましょう。

ターゲット・マーケティングが必要です。メーカーでもサービス業でも、どの層をターゲットにすればよいのか、その層にはどのメディアやチャネルが有効なのか。それらは日本とイコールではありません。たとえば、日本では消費者向けのテレビCMが有効な商品でも、ドイツでは中間業者がサプライチェーンを握っている場合など、様々なケースがあります。

 

我々と一緒にやらせて下さい。

自称「欧州和僑」として、独英米で長年商売をしてきた経験とネットワークを活かし、 日本企業がドイツで成長できるお手伝いをします。メッセ出展や現法設立は序の口で、ローカル・マーケティングや現地でのビジネス・スキーム作りなど、海外でのマネジメントを一緒にやらせていただきます。

 

Wakyo Europe - Market Expansion Management & Advisory  

黒須寛之 

kurosu@wakyo.eu

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

月刊誌、「致知」2017年11月号の記事のひとつ、「一流になる人、二流で終わる人」 (Thu, 07 Dec 2017)
10年間で総額1兆円の公共事業にて2千億円のコストダウンに成功し、アメリカのFA… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

無敵のビジネス (Sat, 25 Nov 2017)
無敵と聞くと、その存在があまりに強くて競争相手が全然かなわないというイメージが湧… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ進出 – ドイツで駐在員事務所や現地法人を設立 (Wed, 15 Nov 2017)
するサポートを始めて早くも何年か経ちました。 時にはそれが販売行為を行えない駐在… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは離婚後も元夫婦同士で一緒に働き続ける (Wed, 01 Nov 2017)
月刊誌「致知」からです。大正13年生まれ、津田英学塾を出て在日米陸軍司令部で働き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

頼りあい、馴れ合い、自分には関係ない… の結果の良い例… いえ、悪い例。 (Tue, 10 Oct 2017)
自分の会社のことなのでお恥ずかしい限りですが、とても分かりやすい例なので… . … 続きを読む ›
>> Mehr lesen