普段はドイツにご在住ですが、日本にも家を持ち、ドイツでは数件のアパートを老後の為に賃貸経営されているご夫婦です。

 

ご夫婦が行われている現在の賃貸方法で問題ないかどうかのご質問を受けてアドバイスを差し上げています。

 

 

(一番下からスタートして、上から新しい順です)

 

 

質問:

ご丁寧に色々とアドバイスをありがとうございます。

今回はそのままの状態で店子さんが決まってしまいましたので、新しい店子さんが将来引っ越して出て行かれる時に改めて参考にさせて下さい。その際は再びアドバイスをお願いしたく思いますので宜しくお願いいたします。

 

 

 

回答・アドバイス:

ご連絡ありがとうございます。
早速ですが、完璧な3部屋アパートと勘違いしました。


この図面の場合、確かに3人用は難しいかも知れません。
それでも念のため、キッチンの左横の食卓のスペースには窓があるかないかをまずは教えていただけますでしょうか?
(図面によると窓はないようですが...)
 
そのスペースとリビングの間に壁を作れば、二人用には間違いなく出来ますが、それでも三人用への(一部屋はかなり家賃を安くして...) 可能性も考えてみたく思います。

 

ご質問に関するお答えは下記となります。
 

・寝室とリビングの間の壁が(添付写真) 構造上撤去できない可能性、3人ではなく2人が限界ではないか?

⇒ そうかもしれません。キッチンの左側のスペースが気になりますが、窓が無いと確かにきついかもしれませんが、家賃をかなり安くして寝るだけのお部屋が不可能ではありません。家賃は例えば200~250€?とかいうレベルです。只今専門家にそのスペースと上のリビングとの間に壁(のみ)あるいは壁とドアをつけた場合の見積もりを依頼中です。

 

・リビングから バルコニーに続く窓が大きすぎて、これまた室内を3分割する壁は無理?

リビングを二つに分けるのは、図面の左下、キッチンの左のスペースを活用するアイデアのみ可能であると考えます。

 

あるいは最近あった問い合わせで、カップル2人で予算が700というものがありましたので、そういう人たち用にベットを2つ置いてお貸しすることはできるかと思います。つまり、リビングにカップル2人で700、隣の寝室を一人用で400とかです。

 

・日本人が店子はいいけれど、共同生活における、入居者のマッチング

現在私はシェアアパートだけで30人程度のお世話をさせていただいていますが、その心配は皆無ではありませんがほとんどありません。

 

・短期入居者入れ替えに伴う契約手続きの頻繁さが懸念との事です

ワーホリの人が多いので、各人約1年です。つまり、3人入れば平均年に3回です。もし面倒くさい場合は、広告(入居者探し)、手続き等、私の方で一切合切を例えばコミッションベースで管理させていただくことも可能です。

 

但し私の今までの経験はほぼ全て町中なので、Wersten でも問い合わせ・需要があるかどうかを調べる必要があります。需要はあるのではないかと考えています。

 

場合によっては、私が最低でも今のお家賃以上でお借りして運営(いわゆる又貸し)するという方法もあります。

 

・将来の売買価格は いくらぐらいが適正ですか?

こればかりは不動産業者、あるいはさらに良いのは不動産鑑定士(Gutachter) に聞く方法です。
でもそれは売る時期が近づいたらで良いのではないでしょうか? なぜなら過去の何十年と不動産価格が動かなかったのが、ここ数年で3割、4割も上がったので、今評価してもらってもゆくゆくは再び価格の変動が考えられるからです。
 

 

 

 

質問:

ご連絡ありがとうございます。

主人曰く、とてもいいアイデアであるものの、次の疑問が出てきました。

尚、今回図面を添付させていただきました。

 

・寝室とリビングの間の壁が(添付写真) 構造上撤去できない可能性、3人ではなく2人が限界ではないか?

・リビングから バルコニーに続く窓が大きすぎて、これまた室内を3分割する壁は無理?

・日本人が店子はいいけれど、共同生活における、入居者のマッチング

・短期入居者入れ替えに伴う契約手続きの頻繁さが懸念との事です

・将来の売買価格は いくらぐらいが適正ですか?

 

 

 

 

回答・アドバイス:

ご連絡ありがとうございます。
早速ですがその場合、66㎡の広さから3部屋の各部屋の広さが不明ですが、3人用のシェアアパートで用意して賃貸しては如何でしょうか?

 

現在の家賃の倍以上は期待できるのではないかと思います。

 

 

 

質問:

ドイツに住む熟年日独夫婦です。

今日はアパート運営について質問させていただきます。

 

私どもは老後資金として、デュッセルドルフのベルステンに古い文化住居を持っております。

その物件は、デュッセルドルフの Wersten 地域の市電駅前の古いアパートで築50年、4階、66m2 室内は小さめの3部屋。家賃は光熱費込みで月550ユーロ、駐車場は月25ユーロです。

 

光熱費と中間管理会社に払う費用が合計300ユーロぐらいなので、利益は月250ユーロほど。

適正価格なのか、お人よし価格なのかよくわかりません。

是非一度、アドバイスをお願いできますでしょうか?

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

月刊誌、「致知」2017年11月号の記事のひとつ、「一流になる人、二流で終わる人」 (Thu, 07 Dec 2017)
10年間で総額1兆円の公共事業にて2千億円のコストダウンに成功し、アメリカのFA… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

無敵のビジネス (Sat, 25 Nov 2017)
無敵と聞くと、その存在があまりに強くて競争相手が全然かなわないというイメージが湧… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ進出 – ドイツで駐在員事務所や現地法人を設立 (Wed, 15 Nov 2017)
するサポートを始めて早くも何年か経ちました。 時にはそれが販売行為を行えない駐在… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは離婚後も元夫婦同士で一緒に働き続ける (Wed, 01 Nov 2017)
月刊誌「致知」からです。大正13年生まれ、津田英学塾を出て在日米陸軍司令部で働き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

頼りあい、馴れ合い、自分には関係ない… の結果の良い例… いえ、悪い例。 (Tue, 10 Oct 2017)
自分の会社のことなのでお恥ずかしい限りですが、とても分かりやすい例なので… . … 続きを読む ›
>> Mehr lesen