JAPAN FARM   ドイツの日本野菜農場

日本の野菜をドイツで作る

紫蘇(シソ)、茗荷(ミョウガ)、ニラ、芹(セリ)、枝豆、三つ葉、春菊、野沢菜、大葉、しそ、タラの芽...など、和食には欠かせず、ドイツでは入手できない野菜が多くあります。それらの和菜をドイツで作るプロジェクトです。

和食好きなドイツ人にも輪を広げ、日独交流の場にすることも目指しています。ゆくゆくは、鳥や豚も飼い育て、例えば鶏の場合、卵からかえして大事に育てて成鳥にした後にとさつし、そのお肉をカレーライスなどに入れて自分達で食べます。本来の 「いただきます」の持つ意味(*2)、命の大切さを子供たちに教えます。

保存料や着色料により、現代の食事は本来人間が食べるべき自然な食事から、はるかに遠ざかってしまっています。アメリカのマクガバンレポート(*3) が指摘して良いとされる食事はまるで戦前の日本の食事ですが、そのような食事を理想とします。

 

ドイツで日本の野菜作りに興味のある方からのご連絡を待っています。

 

*2 「いただきます」 の意味

いただきますには、神棚にお供えした神様への食べ物を、その後神棚から下して「いただく」という意味や、人間は他の生き物を殺して食べて生きることが出来るという意味があるそうです。特に後者、殺生によってはじめて生き延び永らえることが出来るので、(人間の食事となる他の生き物の命を) いただき (私の命に代えさせてください) という意味があると言われています。

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

月刊誌、「致知」2017年11月号の記事のひとつ、「一流になる人、二流で終わる人」 (Thu, 07 Dec 2017)
10年間で総額1兆円の公共事業にて2千億円のコストダウンに成功し、アメリカのFA… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

無敵のビジネス (Sat, 25 Nov 2017)
無敵と聞くと、その存在があまりに強くて競争相手が全然かなわないというイメージが湧… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ進出 – ドイツで駐在員事務所や現地法人を設立 (Wed, 15 Nov 2017)
するサポートを始めて早くも何年か経ちました。 時にはそれが販売行為を行えない駐在… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは離婚後も元夫婦同士で一緒に働き続ける (Wed, 01 Nov 2017)
月刊誌「致知」からです。大正13年生まれ、津田英学塾を出て在日米陸軍司令部で働き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

頼りあい、馴れ合い、自分には関係ない… の結果の良い例… いえ、悪い例。 (Tue, 10 Oct 2017)
自分の会社のことなのでお恥ずかしい限りですが、とても分かりやすい例なので… . … 続きを読む ›
>> Mehr lesen