純粋和食レストランの会

世界中で寿司・和食ブームです。そしてこんにち寿司パックはドイツのどこのスーパーマーケットでも売られています。

しかし残念ながら、あれらは私たち日本人にとっては本当のお寿司と呼べるものではありません。お寿司というよりは、ライスカナペーです。

なんちゃってお寿司のライスカナペーが普及して、日本のお寿司が有名になることは、ある意味では嬉しいことだと思います。

しかしながら、そろそろ誰かが、あれは日本の寿司とは違うものであるということを知らせる時期に来ていると感じます。

だからと言って、あれらのライスカナペーを否定したり、攻撃したりするのでは、次元の低いことになってしまいます。

そうではなく、日本ファン、日本食ファン、あるいはその予備軍のドイツ人に、そのことにじわじわと気ずいてもらうようにしたく考えております。

日本の本当の美味しいお寿司というものを良く理解してもらい、ドイツのスーパーで売っているものは、本物のお寿司とは違うということに気がついて欲しいと思います。

ライスサンドイッチは、そういう意味では寿司のことを全く知らない、あるいは今まで試したこともなかった数多くのドイツ人たち他に寿司の存在を知らしめました。ですが、この辺でそろそろ本物と偽物の区別をドイツ人にも知ってもらいたく思います。

そこで考えられるのが、ドイツ(あるいは欧州)日本寿司会、あるいは和食レストラン会のようなものを組織して、和食レストラン経営者に協力し合っていただくことです。

協力し合っていただくとは申しましても、お寿司、和食レストランのお店が何店舗も集まり、その組織で和食のアピール活動を行います。アピール活動の内容は、ドイツ語による和食の説明パンフレットを共同で作り、各レストランに置いていただきます。

そしてそれを手に取ってくれたドイツ人がその説明を読んで、和食についてもっと良く理解できるようにします。そして例えばドイツのスーパーで売っているおすしはそれとなく、「なんちゃってお寿司」 であることに気づいてもらいます。

お寿司をはじめとする和食にはとても奥深いものがあり、付け焼き刃の技術や、ロボットなどの機械では本物など作れないことをやんわりと説明します。

あるいは例えば共同の湯呑みじゃわんを作り、各レストランのロゴを入れて、周りには日本食・寿司のとても興味深い情報を印刷して各レストランに置いてもらいます。

それでお茶を飲むドイツ人が、この湯飲みを売って欲しいと言いだすようなものを作ります。印刷されている内容を、ドイツ人が読んだら興味を抱いてくれるような内容にします。

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

月刊誌、「致知」2017年11月号の記事のひとつ、「一流になる人、二流で終わる人」 (Thu, 07 Dec 2017)
10年間で総額1兆円の公共事業にて2千億円のコストダウンに成功し、アメリカのFA… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

無敵のビジネス (Sat, 25 Nov 2017)
無敵と聞くと、その存在があまりに強くて競争相手が全然かなわないというイメージが湧… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ進出 – ドイツで駐在員事務所や現地法人を設立 (Wed, 15 Nov 2017)
するサポートを始めて早くも何年か経ちました。 時にはそれが販売行為を行えない駐在… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは離婚後も元夫婦同士で一緒に働き続ける (Wed, 01 Nov 2017)
月刊誌「致知」からです。大正13年生まれ、津田英学塾を出て在日米陸軍司令部で働き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

頼りあい、馴れ合い、自分には関係ない… の結果の良い例… いえ、悪い例。 (Tue, 10 Oct 2017)
自分の会社のことなのでお恥ずかしい限りですが、とても分かりやすい例なので… . … 続きを読む ›
>> Mehr lesen