デュッセルドルフを日本のメッカに

日本を訪れる外国人観光客が増加中です。その数は2014年にはついに1千3百万人を超え、2015年はさらにその数を大きく超えそうです。世界の目から見ると、ちょっと変っていて素敵な日本の文化が世界の人たちに静かに受け入れられつつあり、外国人日本ファンが増え続けています。

それでも日本を訪問するには、ヨーロッパと日本との間の1万km 弱を越えるために飛行機で約11時間もかかります。「今はまだ日本には行けないけれど、ゆくゆくは日本に行ってみたい」 という人たちが、取りあえずの「エクスペリエンス・ジャパン」の欲求を満たすことのできる、「デュッセルドルフで日本を体験する!」 を提供できるようにするプロジェクトです。

デュッセルドルフには多くの日本人が暮らし、その過密度は隣接するメアブッシュ市(*)を除けばヨーロッパナンバーワンです。日本人のためにあるインフラも活用し、さらには外国人に必要なインフラも整えて、ヨーロッパで日本を体験できる場を提供します。

 

* メアブッシュ市は、世界で第三番目の日本人人口密度を誇ります。  詳しくはこちら

germanydebusiness – ブログ ネットdeデュッセル

月刊誌、「致知」2017年11月号の記事のひとつ、「一流になる人、二流で終わる人」 (Thu, 07 Dec 2017)
10年間で総額1兆円の公共事業にて2千億円のコストダウンに成功し、アメリカのFA… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

無敵のビジネス (Sat, 25 Nov 2017)
無敵と聞くと、その存在があまりに強くて競争相手が全然かなわないというイメージが湧… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ進出 – ドイツで駐在員事務所や現地法人を設立 (Wed, 15 Nov 2017)
するサポートを始めて早くも何年か経ちました。 時にはそれが販売行為を行えない駐在… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツでは離婚後も元夫婦同士で一緒に働き続ける (Wed, 01 Nov 2017)
月刊誌「致知」からです。大正13年生まれ、津田英学塾を出て在日米陸軍司令部で働き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

頼りあい、馴れ合い、自分には関係ない… の結果の良い例… いえ、悪い例。 (Tue, 10 Oct 2017)
自分の会社のことなのでお恥ずかしい限りですが、とても分かりやすい例なので… . … 続きを読む ›
>> Mehr lesen